ディカプリオ

ディカプリオといえばレオ様です。
彼の映画は、(時々何言ってるかわからないけど笑)好きでよく見ています。
典型的なアメリカ英語で分かりにくいですよね。
(わかるってか??)
最近見たのは「レヴァナント」、、、昔のアメリカの話で、実在の人の事みたいです。
見ててもずっと「寒い」ので得意な映画ではないけど、あのなかでサバイバルしていく
ディカプリオはさすが、縁起派。
賞をとっただけのことはあります。
噂ではベジタリアンだそうですが、ナマの肉を食べたり、サカナを取ってそのままかじりついたり、
演技じゃなくて本当にやってるそうなのですごい。
ナマナマしい、、、だってナマだもん。

血がどろどろ出てきますが、生きるためのもの、として見る事が出来ます。
復習の為にサバイバルするんだけど、それが息子の為、という、
結婚もしてないディカプリオが「愛」を出すって、、、汗

奥さんは亡くなった設定で、じっさいに一緒にいるシーンは少ないし、
息子も似てないしで(!)家族観はあまりなかったけど、
ディカプリオにしてはやりやすかったかも。

とにかく「寒い」映画です、雪しか出てこない。。。しかも本物だそうで。
ロケも寒かったでしょうねーー。

このブログ記事について

このページは、りんたろうが2019年5月 1日 19:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やりますな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。