華麗なる・・・

むかーし、「華麗なる一族」というドラマをしばらく、一度に見た事があります。
1日じゅうテレビでやっていたのを、お正月かな?・・・に少し見ました。
キムタクのでてるやつですね。

あまり興味がなかったのですが、その時は時間があったのと、
なんだか引き込まれてしまった!
華麗そのものだったからかも?

このお話はモデルがありということだそうですが、作者は否定してるんですって。

こんなお話があったらすごいよね、、、でも私の親戚は
「あー、本当の話だよー」ってにんきに行っていました。

銀行の合併はこの小説のあとに本当にあったらしくて、作者は先見の明もあったってことですね。

鉄工所の話なのですが、この会社は今でもあるとかないとか。。。

お嫁さんを犯して出来た子の話も本当だとか、そんな話はないとか。。。
ドラマのなかでは「あの時の子ではない」「本当の旦那さんの子であった」ということになってます。
小説は真実より・・っていいますけど、本当ですねー。

最後も見ましたが、華麗すぎてなんていうかキラキラすぎで涙も出なかった。

でも面白い、引き付けるドラマだなって思いましたー。

このブログ記事について

このページは、りんたろうが2018年10月 1日 00:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テンション」です。

次のブログ記事は「ソファの役割」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。